03/17/2018 カヤックのその後

去年の夏にカヤックを買いました。サンフランシスコの狭いアパートにも置けるようにインフレータブルのカヤックです。7月にこれで釣りを楽しんでからなかなか使うチャンスがなかったのですが、一度しか使わずに新年を迎えるのはアカンやろうと思い、去年の大晦日に Lafayette Reservoir に出撃してきました。

通常 Quagga mussel の繁殖を防止するためにボート等の検査があるのですが、Santa Rosa の Spring Lake ではそれがないので今回が初の検査になります。受付で、インフレータブルのカヤック使いまっせー。ほな膨らませてもってきてーというやりとりの後、車から取り出したカヤックをせっせとセットアップ。ポンプを使ってプシューップシューッと膨らませていきます。

いい感じに膨らんできたーと思ったら

スーーーーーー

ん?なんかバルブかなんか閉め忘れでもしたかな?確認してプシューップシューッと空気を再注入。

スーーーーーー

カヤックの前方のから聞こえてくる嫌な音。空気漏れてます?まだたったの一回しか使ってないねんけど。。。なにも圧力かけなくても自然に半分近くの空気が抜けていく。ナニコレ。

戦意喪失したまま手漕ぎボートをレンタルし、ボウズに終わるという散々な結果に。

家に帰って空気漏れの場所を特定。

IMG_20180101_145848.jpg

なんでこうなった。

中に入っているチャンバーの継ぎ目の部分に穴。外側のボディには傷ひとつないので、単純に粗悪品と言ってよさそうです。空気を入れすぎてもこうなるかもしれませんが、カヤックと同メーカーのゲージ付ポンプできっちりやってるので、どうしようもない。一度しか使ってないのにこうなったしまったことが少しショックです。税込 $1,000 弱かけてコレかい。

メーカーのサポートにメールすると、レシート送ってくれたら代わりのチャンバー送りまっせー、と返事があり、オンラインショップの領収書画面を添付して送るとすぐにチャンバーが届きました。入れ替えは簡単で、空気漏れもなし。が、新たな問題が発生。おいおいおい!ポンプのゲージが動かんようになっとるやんけ!動かないところを動画におさめて、また同じサポートにメール。今度は最初から領収書も添付。すぐ送りますさかいに!ってことでゲージ部分だけ新しいのを送ってくれました。

ふむ、カスタマーサポートは悪くない。でも、ここの商品大丈夫?これから急激に使う頻度が多くなることもないだろうし、一年のメーカー保証期間が切れたあとに同じことが起こったら、ほとんど使わないまま $1,000 を無駄にすることに。部品の交換をしたので、また使うことも考えましたが、信頼性に自信がもてなくなってしまいました。

今回ラッキーだったのはカヤックを購入したのが REI だったということ。ほぼすべての商品が、一年以内に壊れたりしていないものを返品すれば全額返金してもらえます。迷いましたが、値段が値段なだけに、後で絶対後悔しそうだなと思ったので今回は返品することにしました。今日、市内の店舗に持ち込み、ありのままに起こったこと、そしてリークしていたチャンバーはもう交換してあることを伝えると逆に感謝されました。(笑)

たぶん今後インフレータブルのカヤックを買うことはないでしょう。もっと手頃な値段のフローターや普通のカヤックを検討します。ほろ苦い思い出となりましたが、もちろん初の自分のカヤックでの釣行は楽しい思い出です。また近いうちにできますように。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中